Kimi Turkish GP preview – Keep on fighting

75月 - による ふみ - 0 - Preview

Keep on fighting
For a change, It was nice to relax with my best friends at home in Finland. We had some days off and the weather was brilliant.
There were no testing after Barcelona. I bet all the top teams have done their homework very carefully to beat us in Turkey. But there is no reason to worry about that. I believe Ferrari will go fast there, too.
If you look at the circuits we’ve raced on this season, Istanbul is demanding in a similar way like Malaysia and Bahrain. Well, Ferrari won both of those and that gives us a good feeling we should be again very competitive.
Obviously Spain was a perfect weekend for me and the team. Now we want to make sure, we keep our position. At least we will push very hard – like our competitors do to catch us.
In Barcelona we got our first pole of the season. It helped a lot. It seems it’s a MUST to get a pole in Istanbul, too. Last year I made a mistake in Q3 and it really hurt. Seems that to win in Turkey, you have to start from the pole – just like in Barcelona.
I really like Istanbul. It is the best of these new circuits. There are downhill and uphill and it has some very challenging corners. You really have a great feeling especially after getting the Turn 8 exactly right.
We drive anti-clickwise there. It is the first time this year we have this kind of a place and, for sure, it gives a tough time for the neck muscles.
I’ve had two wins and a second position after the first 4 races and I’m leading the championship by 9 points. I’m very happy how things have gone so far. That said things can change very quickly in F1 so the whole team needs to keep pushing 100% to stay ahead of our competitors.
I won’t change anything my approach. It’s far to early in the season to thing about anything other than taking the maximum amount of points at every Grand Prix.
I want to win as many races as possible. I must confess that I really like this part of the season. We just go for it every time. Only winning matters.
We are leading the championship, but it does not count, if we are not able to keep our position, when it really means something. The best way to hang on first is to keep the others behind in the race.
Obviously our target is the get 1-2 result again. We will fight – as hard as the Finnish team does at the world championships of icehockey in Canada.
It’s nice that Heikki is again well. The safety issues of these racing cars seem to be handled very well. That is good for the sports.

気分転換に、仲のいい友達とフィンランドの家でリラックスしたよ。何日か過ごしたけど、すごくいい天気だったんだ。
バルセロナの後にテストはなかったけど、全てのトップチームがトルコで僕達を倒すために、改良をしてきたのは間違いないね。でも心配する理由はない。トルコでもフェラーリは速いと信じている。
今年すでにレースをしたサーキットを考えると、イスタンブールで求められるのはマレーシアやバーレーンとよく似た方向だと思う。フェラーリはどちらも勝ったわけで、僕達がまたとてもコンペティティヴなんじゃないかという感じがするね。
スペインは僕とチームにとって完璧な週末だった。僕達が今すべきなのは、ポジションをキープすることだ。少なくとも僕達はハードにプッシュするよ。他のライバル達が僕達をキャッチしようとするみたいにね。バルセロナで僕(達)は今年はじめてのポールポジションを獲得した。とても助かったよ。イスタンブールでもポールは絶対に必要だと思う。去年僕はQ3でミスをして、それが本当に痛かったんだ。トルコで勝つためにはポールからスタートしなければならないようだ。バルセロナみたいにね。
僕はとてもイスタンブールが好きだ。最近の新しいサーキットの中でも最高だよ。下り坂があって、上りがあって、とてもチャレンジングなコーナーもある。ターン8を本当にうまく走れた時は本当に楽しいんだ。あとは反時計周りのサーキットでもある。今年はここが初めてだけど、確かに首の筋肉にとっては大きな負担になるね。
最初の4レースを終えて、優勝が2回と2位が1回、チャンピオンシップは9点差でリードしている。うまくいっていて、僕はすごくハッピーだよ。F1では物事が非常に速い速度で移り変わるから、チームは競争相手より前にとどまるために100%でプッシュし続けなければならない。僕はアプローチを何も変えるつもりはないよ。まだシーズンの初めだし、毎戦最大限のポイントを獲得することが何より重要だ。
僕はできるだけ多くのレースに勝ちたい。シーズンのこの時期が好きだってことを認めなければならないね。僕達はいつも、ただ勝利だけを目指している。僕達はチャンピオンシップをリードしているけど、ポジションをキープできなければリードのうちには入らない。持ちこたえる最高の方法は、レースで他のクルマを後方に抑えておくことだ。僕達のターゲットは再び1-2フィニッシュすることだ。カナダで行われた世界選手権でのフィンランドのアイスホッケーチームと同じくらい、僕達もハードに戦うよ(※)。
ヘイキが元気で戻ってこられるのはすごくよかった。レーシングカーの安全についての問題がよく取り上げられるけど、このスポーツにとってはいいことだね。
※5月7日現在、カナダで行われているアイスホッケーの世界選手権で、フィンランドがノルウェーを破ってCグループのトップに立っているみたいです(ググった)。アイスホッケーオタのキミたん的には大興奮の結果だったと思われる。
去年の後半からかな?主語がすっごい割合で「We」なんだよね。チームで動いているっていう感じを実感してるんだろうなーと勝手に思ってます。楽しそうでなにより。マク時代が結構好きだった自分としてはちょっとさみしい気もするのですが…

Be the first to like.